読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M氏はホメて欲しいだけ

平凡でナイスサーティーズのM氏はいい年こいてるので、嫁や会社の同僚からホメてもらえないが、心優しきお前ならホメてくれると信じて頑張るブログ

DIYでビルドインIHクッキングヒーターを交換

DIY 節約

今から2〜3年前に中古マンションを購入した当時の話です。


中古マンション購入当初、システムキッチンに分譲当初から設置されているビルドインIHクッキングヒーター(メーカー:日立 型番:HTC-MB4)が設置されていました。


でも、そのIHクッキングヒーターは15年程度使われている年代物。
f:id:zmajp:20141124230513j:plain
上記の写真を見て分かるようにグリルの取っ手が壊れてガタガタの状態で、IH部分のスイッチも壊れかけで怖い状態だったので入居直ぐに交換することに。



しかし、IHクッキングヒーターの交換を業者さんに頼むと最下位グレード製品でも15万〜20万程度と結構な値段になるし、お金に余裕も無い・・・だったら自分が納得して選んだ商品をネット買うと半額程度の金額で済むので、DIYで交換しようとPanasonicのKZ-R563Sをネットで購入


ちなみに、交換前のHTC-MB4も交換予定のKZ-R563Sも200VのIHクッキングヒーター。購入前にネットで設置説明書PDFを探し、説明書を隅々まで読んで、サイズ的にも問題無く、設置可能な条件を満たしている事を確認してから購入しました。
f:id:zmajp:20141124234711j:plain


実際に交換作業してみて大変だったのは取り付け作業より以前のIHクッキングヒーターの取り外しの方。古い製品だと設置説明書PDFもネットには無いんですよね、、、なので試行錯誤しながら取り外し。


古いIHクッキングヒーターの取り外しの基本はトッププレートから開始
f:id:zmajp:20141124230455j:plain


今時のIHクッキングヒーターはグリル部分も一体化した商品が多いと思うけど、昔のIHクッキングヒーターは下の写真のようにトッププレートを外してもグリル部分が分離したりして今時の製品構造とは全然違うので本当に取り外しが面倒でした。
f:id:zmajp:20141124230445j:plain


新しいIHクッキングヒーターの取付は、取付説明書の手順通りに作業するだけで無事完了。

▼Before
f:id:zmajp:20141124230521j:plain

▼After
f:id:zmajp:20141124231607j:plain


最後に以前のIHクッキングヒーターを粗大ごみで廃棄して、全ての作業が終了。


こんな感じで同じ電圧の製品であれば、IHクッキングヒータからIHクッキングヒータへの交換が初めての素人でもなんとか出来ました。


次回はIHクッキングヒータの下にあるオーブンレンジのDIYでの交換について書きたいと思います。